セルライト対策に間違ったマッサージは逆効果となる!?

逆効果になるマッサージ法とは

セルライトは肥大化した脂肪細胞の中に老廃物が溜まっている状態です。通常の脂肪細胞は有酸素運動などで燃焼させて小さくしやすいのですが、セルライトは比較的燃焼させづらいと言われています。これは中に溜まっている老廃物が邪魔をしているからだとされています。つまり、セルライト対策を行う上で重要となるのは「脂肪を燃焼させる有酸素運動」+「体内に溜まった老廃物を排出するマッサージやデトックス」ということになります。

 

セルライトができやすい人は冷え性などの血行不良に陥りやすい人、デスクワークや立ち仕事などむくみができやすい人だと言われています。実際に、血行が悪くなりやすい、むくみやすい下半身に多くセルライトが見られますよね。また男性よりも女性の方が全体的な筋肉量が少ないためリンパの流れが悪くなりがちで、セルライトができやすいとも言われています。

 

セルライト対策に普段からマッサージを取り入れたり、専用の美容家電を使って対策している人も多いと思いますが、使い方を間違えると逆効果になりかねないので注意しましょう。

 

力いっぱいのマッサージは間違い?

セルライトはちょっとのマッサージでは分解できないため、力強くマッサージしなくてはならない、というイメージがあります。しかしこれは間違いです。あまりにも力強くマッサージし過ぎると内出血やアザ、色素沈着の原因になりかねませんし、リンパの流れが悪くなることもあります。リンパは非常にデリケートなものなので優しく扱わなくてはなりません。つまり、一般的なイメージのセルライト対策マッサージは逆効果を生み出している可能性が高い、ということになります。

 

エステや専用器具を使おう

適度な強さのセルライト対策マッサージは自分で判断するのは難しいです。ですので、エステや専門器具を使うことをおすすめします。エステにも様々なセルライト対策が用意されていますが、どこにでも必ずハンドマッサージが用意されているものです。一度マッサージを受けてみて、どういった手順で、どれくらいの強さで行うのかをチェックすることをおすすめします。

おすすめセルライト除去エステ TOP3


お試し体験エステコース

骨盤ダイエットBeauty

お試し体験エステ料金

500円

おすすめ度

おすすめ度





お試し体験エステコース

トリプルアタックボディエステ3コース

お試し体験エステ料金

3,000円

おすすめ度

おすすめ度





お試し体験エステコース

目指せ-8cmやせる体験

お試し体験エステ料金

500円

おすすめ度

おすすめ度